○浮気の証拠収集(自分編)



 状況証拠を集める必要性
  浮気の証拠として、法的に有効な浮気の証拠は突き詰めて言うと性交を証明するもの(ラブホテル出入り・浮気相手宅の複数日の出入)に限るといえます。(詳しくは浮気の証拠
 ここでは決定的な証拠とは言えないが、矛盾なく積み重ねる事で有効性が出てくる状況証拠の説明です。 これらがあると決定的な証拠(不貞の証拠)も継続的なものと推測できます。つまり別れるにしても、そうでなくても有利に話し合いが進められます。また、情報が多い方が探偵社に依頼する場合も成功率が高まり、金額も抑えられます。


 証拠収集には十分注意
 無理に携帯電話や手帳を見たり、自分で尾行して相手にバレてしまうと警戒心を高めてしまう場合があります。その後の調査に悪影響をおよぼさないよう、充分にご注意ください。相手に気付かれるような行動は厳禁です。一番難しいことですがあくまで冷静に相手の先手をうちます。
 また、例えば「愛してる」というメールを見てしまった場合でもそこで熱くなって詰め寄ってはいけません。あくまで証拠を重ねて、最悪の場合も想定してから話し合いに臨みましょう。
 とにかくバレてはいけません。警戒されると、密会場所を変えたり、電話番号を変えたりと今まで積み重ねてきた情報が無駄になってしまいます。


 証拠収集方法
 @日付を入れて写真に収める。(できればスチールカメラ)
 A紙媒体であればコピーを取る。デジタルデータであればコピーして保存する。
 B捨ててあるものなどであればとっておく
 Cそのようなことが出来なくても日記のように日々メモしておくだけでもかまいません。
領収書
日時、支払い内容まで詳細にチェックしておく。本人の話とくい違いがあった場合などはそのこともチェックしておく。飲食店の場合は人数が出ていることがほとんどなので要チェックです。
携帯電話
リダイアル等で通話先の電話番号を確認携帯電話のアドレス帳から相手を判別します。余裕がある場合は、メモリダイヤルを呼び出し、メモリされている名前・番号を確認します。
写真メール
携帯電話のメール・写真の保存方法
1 配偶者の携帯電話をそのまま使用して、メール・写真を自分のパソコンに送る。その後必ず発信履歴を削除する
2 「携帯万能」(SSITRISTAR社)・「携快電話」(ソースネクスト)等のソフトを購入。携帯電話とパソコンをUSBコードを接続するだけで2分程度で携帯電話の内容を全部自分のパソコンに取り込みます。 後でゆっくりメールの内容等を点検します。(ソフト価格は5000円程度) これの良い点はバージョンによってはロックがかかっていても暗証番号の解読ができることです。リダイアル等で通話先の電話番号を確認携帯電話のアドレス帳から相手を判別します。余裕がある場合は、メモリダイヤルを呼び出し、メモリされている名前・番号を確認します。
手帳・メモ帳
大事なことは記号やイニシャルにしてる場合があります。
電話明細
 発信履歴を取得します。
写真(プリクラ)
もちろん浮気相手と二人きりで写っていればベスト。ちょっと古い定番だが携帯電話の電池裏はチェック。
手紙
浮気相手からと思われる手紙は残しておく(相手の自筆だと効果的)。
その他
たばこの吸殻・避妊具の発見等取り敢えず写真に収めておきます。
性交拒否

性交拒否は民法770条【法定離婚原因】1項5号婚姻を継続しがたい重大な事由に該当する離婚原因で、判例でも認められていますが、寝室内の出来事なので、証拠がなく2、3回ではダメです。拒否理由と共に日記に残しておきましょう

暴力
身体にダメージを負った場合は医師の診断書をもらっておきます。物が壊れた場合は暴れた様子がわかるように写真をとっておきます。
■トップページへ