トップ>浮気の証拠


     ○誓約書の書き方


 浮気などによって生じた夫婦間の問題を、離婚の方向ではなく、誓約書などの文書をパートナーや不倫相手に書かせることによって、解決を図る方もいるでしょう。
 誓約書の書き方
 特に正式な書き方が決まっているわけではないので、以下のポイントがおさえられていればOKです。
・「誓約書」という表題
・差し入れる人の住所・氏名と押印 (誰が?)
・宛先 (誰に)
・約束する内容(何を)
・日付 (いつ)

※重要な事柄は実印を押して印鑑証明を添付するとなお良い。
※金額を予定する場合、適正な財産分与および慰謝料金額から余りに大きく離れた金額を損害賠償金(違約金)とすると公序良俗に反するとかの理由で無効とされる可能性があります。


 誓約書は契約書、覚書、念書、示談書とは違うのか
 契約書とは「必ず2人以上の当事者がおり、一定の法律効果を発生(売買とか賃貸借)させる意思表示を内容としているもの」 覚 書とは「形式的には2人以上の当事者が調印するので契約書と大差ありません。実際には契約書の内容を補足するようなときに使われたりします。」 念 書や誓約書は「書くほうが一方的に義務を負う内容や、一定の事実を認める内容の時に使われます」



 誓約書例(サンプル)
誓約書<配偶者>(内容証明方式)[PDF]
誓約書<浮気相手>(内容証明方式)[PDF]

※あくまで参考例ですので、作成する内容にはご自分で責任を持ってください。


誓約書には実は意味がない!?
 民法754条には、「夫婦間の契約はいつでも取消しできる」と、規定されています。誓約書も夫婦間の契約と考える事が出来ますから、パートナーはこの契約をいつでも取消すことが出来るのです。つまりこの条文通り考えると、誓約書の効力は非常に弱いものとなってしまいます。
 しかし、判例によれば、条文の「婚姻中」とは、夫婦関係が破たんした以降は含まれないと解釈されています。もしも、パートナーが再び浮気をしたら、それで夫婦仲は破綻したと考えます。そしてそれ以降パートナーは誓約書の内容を取り消すことができなくると考えます。なんだか、言いくるめられたような解釈ですが、「円満な夫婦間の契約はいつでも取り消せる」という法律がある事は知っておきつつ。浮気に関して、夫婦間の誓約書があれば、やっぱり有効なものだと考えていいでしょう。
■トップページへ